アニメ感想:トリニティセブン 第7話「秘奥義(ロストテクニカ)と異変解決(プロブレム・ソルヴィング)」

 やっぱり姉ちゃんは延々戦うような相手では無かったな。目的と戦闘力はデカかったんだけど、出自と言動があんまり釣り合ってなかったし。
 まあ2話から7話までが学園内の内乱編って感じの位置付けで、ここからはようやく外部の問題に映るのかな。今回のラストで触れるまで清々しいくらい放ったらかしだったよな世界崩壊。
 世界の危機と従姉妹の行方に加えてリーゼロッテの課題まで加わり、どこまで回収されるかはちょっと怪しいというか、アニメ上では3つとも未回収もあり得るだろうが、まあ何だったのかわからないような終わり方はなさそうで何よりだ。道筋はまとまってるし、サービスとかやることはやりまくってるからな。

スポンサーリンク

ブログをフォロー