アニメ感想:2014年春アニメ

 アニメのシーズン移行に合わせた統括的雑感群。メモに近い。

本編雑感

 記述対象は今期の放送分を本日時点まで全話見たアニメ。前期からの続き物や、投稿時点で最終話を迎えていない作品も対象に含む。
 ただし、非深夜アニメ、特番などの単発アニメ、再放送アニメ、一足先に始まった来期アニメなどはかなりの割合で割愛。
 端的に記述するため刺々しい内容だが、その作品が嫌いなわけではない。そういうのはそもそも記述対象の条件を満たさない。なので重く受け止めないで頂きたい。

 記述の順番は英数字と五十音順。

悪魔のリドル
 おバカな殺し屋。兎角ちゃんの言動とかは突っ込みどころばっかりだったが、勢いとキャラ萌えは完備されている。真面目に見過ぎなければ楽しめる作品。

暴れん坊力士!!松太郎
 超無法者主人公アニメ。これであまりにヤバいシーンは原作より数段マイルドにされてるって言うんだから恐ろしい。改心してまともになったりするような主人公じゃないとは聞いていたが、ここまでとは…。
 まあ導入以降はひどいシーンの大半がギャグ調になってきたし、松太郎の行動理念もヒロインのことで一貫していて分かりやすいから、その辺を踏まえて見ればそこそこ楽しめる。

一週間フレンズ。
 主人公が優しいだけで魅力がない。もう少し尖った所があれば、単なる女性向けの域を出れたと思う。

犬神さんと猫山さん
 変態ショートアニメ。毎回刺激どころはあるので退屈はしない。設定周りは少々安直でやや見聞きに堪えない。

彼女がフラグをおられたら
 ヒロインは言動が非暴力的で無難なので、その辺りは優秀。でもフラグ云々の設定とクライマックスは寒かった。クライマックスはもうちょっとまともなものを用意できなかったものか。

健全ロボ ダイミダラー
 バカアニメだが、ちゃんとロボアニメした上で風呂敷もちゃんと畳めている。欠点は美容室サイドの描写がワンパターン気味で退屈だったことくらい。エロシーンが不快じゃなければおすすめできる。

極黒のブリュンヒルデ
 これもまたおバカヒロイン押し。1クールで無理やりまとめて台無しにさえならなければ、非常に優秀な作品だったのだが…。

ご注文はうさぎですか?
 キャラは非常に可愛いが、前半は話の面白さがちょっと足りなかった。まあ後半でかなり補われたから結果的には良かったかな。

シドニアの騎士
 なんとなく中世世界を思わせるタイトルに反して未来SF系、漫画原作かつシリアスそうな画風に対してハーレムラノベ的と、色々見た目で判断できなかったアニメ。
 しかし面白い。露骨に尺を取って媚びずとも女の子を魅力的に見せるやり口を心得ているようで、明らかなハーレム色がありつつもシナリオは全くおざなりになっていなかった。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
 ところどころに原作に描かれていない部分の補完があるが、他は全部驚くほどそのまんま。散々読んだ原作を読みなおすのと大差ないので、思う所はなかった。
 熱心に映像化を望んだ人か、原作読まずに端から端まで内容知りたい人向け。まあ良い作品だし悪いアニメ化でもない。

ソウルイーターノット!
 入り組んだ設定を持つ作品の外伝でありながら、元を知らなくても満足に楽しめる構成。いい百合アニメだった。

それでも世界は美しい
 女性向けだが、それで一蹴される域から出ている。男性に見づらい要素は精々エンディング映像くらいで、基本は真っ当なシナリオで勝負している。
 ただ、終盤付近まで前面に出ていた歌がミスマッチ気味だったのは勿体ない。歌詞が日英混成で、演奏も入ってるから儀式らしいムードが皆無。せめて演奏は抜いたほうが良かったのでは。

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ
 召喚バンクが長すぎる。根本の素材自体は絶対に良いし面白いんだが、バンクを中心にディスク要素が足を引っ張り気味。
 ただ、アベンジャーズ以外のヒーローも収集・Dスマッシュをし始めた辺りから、この点が徐々に覆りそうな気はしてきた。挽回に期待。

デート・ア・ライブⅡ
 主要エピソードは2つで、いずれも新ヒロイン中心。その新ヒロインも落としてからの出番が全然ない。キャラものとしてはかなり不満。
 もっとメインシナリオ部分を巻いて、開いた尺に日常回を余分に入れたほうが良かったと思う。

ニセコイ
 2クール目に入った意義が疑問。ペンダント云々をもう少し回収してくれれば面白かったんだが。

ノーゲーム・ノーライフ
 序盤の支離滅裂なチェスで大損している。あの茶番にいい印象もつのは相当難しいと思う。それ以外はぶっ飛んでいるなりに一応は筋が通っていたので、後は好みの問題ということで押しきれるのだが…。

ノブナガ・ザ・フール
 2クールもやっただけあって一応まとめきった点は評価できるけど、もうちょっとキャラの魅力を出しに来ても良かったんじゃないかな?特にカエサルしかキャラ立ってない西の軍勢は実につまらない。

棺姫のチャイカ
 どこかで既視感がある設定の寄せ集めっぽい作品だが、出来自体はかなりいい。特にチャイカのキャラとしての完成度が非常に高い。

ピンポン THE ANIMATION
 キャラデザ抜きでキャラの魅力を遺憾なく見せつけている。試合部分は基本的に双方の実力差を描くのみの淡泊な内容なのに、よく面白く展開できていたと思う。こういうのは難しい。ラストの将来はやたらご都合に思えたけど。

風雲維新ダイ☆ショーグン
 キャラが多すぎて展開が散漫で、ロボと美少女要素がお留守気味。その辺犠牲にして進めたシナリオも未完みたいなものだし、半端。

ブラック・ブレット
 ありふれたバトル系ラノベ。キャラが増えた終盤はそこそこ。

マジンボーン
 作画と会話パートの出来が非常にいい。女性陣のキャラデザインは深夜アニメと余裕でやりあえるレベル。
 ただし戦闘がホビーアニメとしては壊滅的に地味。あと翔梧以外の仲間に見せ場がなさ過ぎる。
 アニメ自体は対象年齢高めに作ってるみたいで、実際大満足なんだけど、本命のホビーはこれで大丈夫なのかな?

魔法科高校の劣等生
 噂に寸分違わぬ主人公持ち上げ作品。こういう主人公にまともに憧れるには老けすぎたが、ギャグとして見る道があるのもこの手の作品の特徴。そっちとしてはまあまあ。主人公が囲ってる女の子もきちんと可愛いし。

マンガ家さんとアシスタントさんと
 愛徒の個性の出し方が秀逸。どういう行動をさせたらマジに異常者っぽく見えるかをよく心得ていたと思う。それでいてそのキャラを保ったまま決めるべきときは決めるため、ギャグ以外の局面でも主人公らしい魅力を出せている。
 でも最後の最後で台無し。取り扱いを誤った危険物みたいなものを感じた。これもまたラストが残念なアニメの一つ。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
 キャラや組織は揃ったが、全体ではそのための場当たり的な展開を数点やって終わり。大筋に関わる展開が全然ない。七々々ちゃんの殺人犯探しという、唯一はっきりした大目標を進捗ゼロで終わらせたのは痛い。新作ゲームの宣伝目的の短編マンガみたいだ…。

面白かったアニメ(面白かった順)
 シドニアの騎士 ピンポン ご注文はうさぎですか? ソウルイーターノット! マジンボーン ジョジョの奇妙な冒険

 マンアシとブリュンヒルデはクライマックスで大破した。

楽曲雑感

 今期アニメの楽曲で良かったもの。列挙の順番は良かった順。

オープニング曲が良かったアニメ
 ご注文はうさぎですか?「Daydream cafe」 彼女がフラグをおられたら「クピドゥレビュー」 健全ロボ ダイミダラー「健全ロボ ダイミダラー」
 それでも世界は美しい「BEAUTIFUL WORLD」 ブラック・ブレット「black bullet」

エンディング曲が良かったアニメ
 健全ロボ ダイミダラー「Suki Suki//LINKS」 ソウルイーターノット!「夕暮れハッピーゴー」 ノブナガ・ザ・フール「蘭(RAN)」
 悪魔のリドル第7話「すずかぜ」 悪魔のリドル第10話「イノチノカラクリ」

 ダイミダラーのOPEDの作り分けは、本作にNEEDLESSを思い出させた一端。

スポンサーリンク

ブログをフォロー