アニメ感想:下ネタという概念が存在しない退屈な世界 第12話(最終話)「下ネタよ永遠に」

 酷いアニメだった。でも最後まで見ることに苦痛はなかった。始めこそ「声優に卑猥な単語言わせまくりたいだけのアニメ化では?」としか思わなかったが*1、特有のクドさにさえ慣れてくれば、話が面白かったから。

 ギャグの突き抜け度合いは言うまでもないとして、このイカれた題材でレジスタンス組織という存在を理念から戦略までぼかすことなく描き切ったのは凄い。もし生半可なノリだったら、特に必要性のない日常ギャグの割合を多めにして逃げていたところ。それを全然しなかったあたり、実は実直な作品なのだろう。…語弊が物凄い気がするが。

 とても大っぴらには話題に出せないことと、間違いなく多方面から洒落にならない調子で怒られていたであろうことが致命的だが、それ抜きで語ればエンターテイメントとして優秀な作品だったと思う。

  1. 今でもこの側面自体はあると思っているけど…。 []
スポンサーリンク

ブログをフォロー