アニメ感想:実は私は 第3話「幼馴染に気をつけよう!」

 以前から片鱗はあったが、実に危ないキャラだな。このレベルの鬱陶しさだと、認識はウザキャラというより最早敵キャラになる。でも実際は勿論違うから、排除や制裁があからさまに加えられるようなことはない。結果的にフラストレーションを溜める人が出るはず。爆発力で言ったら例の干物妹を超えているから恐ろしい。

 ただ、救いの余地はある。それは不快な性質のピークが明らかに今回に設定されており、今後は多少なりマシになるであろうことと、何より彼女が完全にヒロインに数えられていたという点が大きい。これなら、かなり高い確率で挽回できる。方法は実に簡単で、ここまでに見せた執着の方向性を、少し変えるだけでいい。
 まあ、仮に今回みたいなノリを平然と引きずったら、彼女というより作品そのものが駄目だ。どうなるかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で