アニメ感想:響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」

 やっぱり公開処刑だった。衆人環視の条件に決まった時点で、滝顧問は麗奈の選出にかなり強い確信があったわけで、揺らぐとしたら先輩側の泣き落としだとか、逆に初回オーディションより正当性に欠いた可能性しかなかったからなあ。

 でもダイレクトな八百長交渉まで入れてくるのは想像以上だった。これは麗奈のコネ選出疑惑というそもそもの前提に、ぶっちぎりで相反するアプローチと言っていいだろう。実力を公に否定したくせに勝てる気は全然してないわけで。いくら先輩の不幸な事情がわかっても、周囲や流れがこんなんだと同情するのはちょっとな…。無駄な足掻きをしなければ、傷口は最小限で済んだのに。

スポンサーリンク

ブログをフォロー