アニメ感想:マジンボーン 第52話(最終話)「帰るべき場所」

 長い猶予を貰い、次こそ見限られないように人類全体を改めていこう、という形で完結。戦闘も抜本的な解決もしないという特殊なラストだけど、完全に許されたりするよりは説得力があるからこれで良いと思う。

 あと結局バンドは組まなかった。まあ勿論本気で組むなんて思ってなかったし、今でもネタになるような笑える思い出だったが、本当に何だったんだろうあの曲…。

 本作はホビーアニメながら少し対象年齢を高めに作っていたみたいで、シナリオ部分、特にネポス側のキャラが本格的に絡んできたあたりからは終始退屈しなかった。
 恐らく正ヒロインである早穂は、翔悟が度々口にしてきた「日常」の象徴であったためか、最後まで本筋の話から蚊帳の外という思い切った扱い。その関係で一番ヒロインらしく映ってるキャラはリーベルトの方だったりもしてたけど、それもまた良し。

 ただ、序盤の戦闘が物凄く地味だったから、あれで若年層の食いつきが良かったのかは疑問だったな…。最近こそ特殊能力や派手なエフェクトの付いた技が頻繁に飛び交ってたけど、結構な期間を「必殺技の類をあらかた取っ払った特撮ヒーロー」みたいな絵面で進んでいた記憶がある。おまけにギルバートが調子出なくてウダウダ言ってた時期とも重なり気味で、あの頃はちょっと危うい気分にもなってたかも。まあアクションはもっと早い段階から素直に弾けてても良かったんじゃないかな。後は面白いアニメだった。

スポンサーリンク