アニメ感想:ローリング☆ガールズ 第12話(最終話)「未来は僕等の手の中」

 制作陣にやりたいことが色々あって、それをとにかく詰めて作った感じがひしひしと伝わってくるアニメだった。多分渾身の力作だったんじゃないだろうか。残念ながら私個人にヒットするような性質はなかったけど、何かしらに強く心打たれた人はいるのでは、と思った。

 しかし、エピソードごとに主要人物がガラリと変わって、主人公たちは若干蚊帳の外の位置から彼らを支えるという構図は、新鮮ではあるけど見やすくはなかったな。この造りの場合、ゲストキャラは登場回の段階できっちり覚えておく必要があり、そうでなければどんどん話が分からなくなっていってしまう。推理もの作品の謎解きを自力でもやってみる、的な熱心さが要る感じ。バカアニメ系の体裁でこのギャップを秘めているのはちょっと辛かった。まあ問題らしく感じた点はこれくらいで、後は最初にも言ったように、波長が合うかどうかというのが争点の作品じゃないかなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で