アニメ感想:クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第25話(最終話)「時の彼方で」

 痛姫様戦記完結。エンブリヲがどんなに試行錯誤してもノーマが生まれたのは、彼の歪んだ構想が遺伝子レベルで否定されたためと結論付けられた。そして彼の最大の敗因は、アンジュから指輪を奪うだけでヴィルキスの対処に満足してしまったことだった。圧倒的な強さと寿命を持て余した結果、ベストを尽くそうという気概をすっかり失ってしまったんだろうな。サリア達の扱いもあまりにぞんざいにしすぎてたし。でも、一人集団ストーカーとか野外プレイとか色々やらかして瞬く間に株を下げてた割には、タスクとの剣戟に敗れるというまともな死に様で済んで良かったな。

 それと、妹のシルヴィアはやたら逞しいことになっていたな。かなり前に「もしアンジュとシルヴィアが逆の立場でも、話の内容は大して変わらないんじゃないか」みたいな事を言ったけど、最終的に益々そう思った。初期のアンジュはシルヴィア並みにクズな言動を取る素質が明らかにあったからそう思ったわけだけど、シルヴィアもアンジュ並みの性根を持っていたことが証明されてしまった。どうやら想像以上に似たもの姉妹だったらしい。

 最後に全編を思い返してみると、2クールに相応しい凝ったシナリオと世界観を併せ持った作品だったわけなのだが、飲み込みに苦労することは意外になかった。置いてけぼりを食いそうな気配を感じたことくらいはあったけど、結局はあんまり困らなかったというか。毎回毎回変態シーンをそこかしこに入れるだけはあって、説明描写にも余裕があったのかもしれないな。体裁がバカアニメだから勢いだけでも見れちゃうという節もあったし。
 ただ、ロボの造形や武装なんかはについては全然記憶に残らなかった。でもまあこれはロボが地味というより、キャラが騒々しすぎただけだと思う。完全にキャラしか見てなかった。

 そういうわけで、個人的な了見だとロボアニメという認識がかなり希薄だったんだけど、作品としてはかなり面白いという、どこまでも変わったアニメだった。たまにはこういう作品も良いものだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で