アニメ感想:ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとボインゴ その1」

 エンヤ戦で助けられてもジョースター側には付かなかったが、かと言ってDIOも何だかいけ好かない、という心持ちだったらしいホルホースがついに腹を括ったり、何よりラスボスの能力が初めてお披露目されるという、極めて重要な描写まで今回の前半には織り込まれているのだが、ラストが衝撃的過ぎてその記憶が薄れてしまう回。相変わらず原作通りに展開してるし、この後どうなるかは大体覚えてるけど、それでもなんだこれって言いたくなるなこの引き…。

スポンサーリンク

ブログをフォロー