アニメ感想:寄生獣 セイの格率 第24話(最終話)「寄生獣」

 しれっと死人は出たけど奇麗に終わった。でも本作は全体的に、話の所々にアニメ独自の改変や思い切ったカットがあったらしくて、終始矛盾どうこうというレベルに至る裏目に出ていたみたいだな。「真冬に行われた後藤戦で、新一がやけに薄着だったり草木が生い茂ってたりしてたのは、原作だと蚊が飛んでる季節だった名残」なんて話には笑った。

 まあそういうわけで、アニメだけで本作を知った気になるのは少し危険な感じの様相ではあったが、面白くなかったわけでは全くないし、「続きは実写映画で」みたいな事もせずちゃんと単体で完走してくれたのはありがたいかな。

スポンサーリンク

ブログをフォロー