アニメ感想:夜ノヤッターマン 第11話「真実のヤッター・メトロポリス」

 タイトル通りの回。大まかな全貌は前回の引きとここまでのゴロー将軍の言動の通り。黒幕がドクロベエなのにドロンボーの子孫が追放されていたのは、戦いの過程で役立たずと判断されて捨てられたため。超高度な機械文明があるのに人間を強制労働に借りだしていた奇行の実態は、ドクロベエの復讐のため。
 あと残ってる謎は敗北したヤッターマンのその後だけかな?倒されたとは断言されているが、流石に末代まで息の根を止められたわけではないだろう。やっぱりこれも見るからにそういう人たちなガリナ達が回収するのだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で