アニメ感想:牙狼<GARO>-炎の刻印- 第20話「侍女-DOUBLE DEALER-」

 メンドーサの声が合ってる…。見た目の割に年季を感じさせすぎる声色だと初期から思っていたが、こういうことか。初めからあの声だったのは、老けこんだのではなく、逆に若作りしていたとかなのだろうか。
 何故か城から離れずに潜伏を続けており、例の侍女にはホラーを携帯させるなど不穏さがバリバリだが、一体どの辺に親父が加担する意義があるんだろう。まあ侍女の隠蔽工作の気合の入りようからして、仮にまともな目論見があってもレオン達を信用させるのは無理で、戦闘になったら呆気無くやられかねない状態にはあるようだ。

スポンサーリンク