アニメ感想:魔法科高校の劣等生 第26話(最終話)「横浜騒乱編VIII」

 皆で謎アーマー着て戦ってたり、知らないおっさんが凍ってたり、敵がやっぱり最後にまとめて死んでたりして、ギャグ目線でも楽しいラストだったと思う。まあそれは半分冗談として、最後まで想定している需要とその供給がブレないアニメだった。

 惜しいところは1エピソードが長かったところかな。2クールも掛けたのに3つだけ。しかも大体テロなどの横槍で締めに入っていたからいまいち芸が無い感じも。入学編なんかはもっと切り分けられそうだったし、細かい話も見たかったところだ。

スポンサーリンク

ブログをフォロー