アニメ感想:まじもじるるも 第12話(最終話)「るるものいない日」

 現状維持エンド。ここまで見た限り、修行が終わらなかった場合の決定的なリスクは全く見つからなかった。その辺を踏まえると十分想像出来た終わり方。第一肝心のるるもがまんざらじゃない様子だし、チケットの発動頻度もどんどん落ちてたしな。

 見方を変えれば1話から一切決定的なことが起こらないまま終わってしまったとも言えるが、まあこの話の場合は動かないのも一つの答えか。
 それに、チケットの消費は耕太の寿命の消費とされていたが、実際のところはそれ程悪魔的立ち位置のアイテムじゃなかったということはハッキリしている。だってこれがなければ彼は狼伝説の回とかで人生終わってたし…結果的には寧ろ延命させた存在と言っていい。こう野放しじゃ不味い設定に対してもちゃんとすっきりする結論が出せるので、畳み方に問題は無いはず。

 萌えアニメとしては万人受けしないキャラデザが相当にネックだとは思うが、キャラの内面的な描写は上手い作品だったと思う。

スポンサーリンク

ブログをフォロー