アニメ感想:月刊少女野崎くん 第12話(最終話)「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」

 終わり。そつのないアニメ化だった。

 しかしこう改めて集中的に見ると、ネタのパターン性の濃さが思った以上に強いな。まあ安定性に関しては長所と言えるからこれ自体は別に構わないと言える。根本の題材が物珍しいので他作品に埋もれたりするわけでもないし。
 ただ、恋愛要素の方は頂けない。頻度が高めでかなり押している割に、全組が勘違いすれ違いを利用して終始空振りのまんま終わるので、中身が無い話で尺を稼いでいるようにも取れて興味が薄かった。これは現時点での原作でもあまり変わらないところ。
 恐らく行き着くところは畳み時までとっておくつもりなのだろうが、もう少し明らかに進展していく組が一つはあった方がより良かったかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で