アニメ感想:ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ 第12話(最終話)「たとえ天が堕ちるとも -Childhood’s End-」


 前半戦終了。完全に2クールだと思っていたのに最終話表示があったので驚いたが、分割なだけだった。

 結局火星人の戦争動機は何だかトンチキな印象。火星側での生活に破綻が見えてるから、いい気休めだし突き詰めれば略奪も正義に出来る地球憎しの空気が根付いた感じ?別に地球側に非が欲しいってわけじゃないし、あんまり火星側が同情を求めるような設定出てきても困るけど、もう少し何かなかったか。まあ視聴体制が腑抜けてたから見落としたかもしれないし、2クール目に何かあるかもしれないし、戦争なんて根本はしょうもない動機だよ、って言いたいという可能性もある。というかここまで来たらアホアホ集団のまんまでもそれはそれで味がある。
 あとスレインも良く分からない。いや姫様一筋なのは分かるけど、そのための姿勢がハッキリしない。所謂ダブル主人公ものの片割れっぽい扱いなのに、敵とも味方とも言い切れない変な動きを続けてるからモヤモヤする。彼は次でしっかりするといいんだが。

 そう言えば姫様の死亡疑惑数は爆殺と絞殺と銃殺の計3回で、この数はハマトラのナイスくんと同じか。あっちは前期分を除けば2回だし、1回はかなり昔の回想中のものだから、姫様の方が密度が圧倒的。流石は狙われる存在。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で