アニメ感想:月刊少女野崎くん 第5話「恋を『思い』『描く』男子。」

 剣さんは作中でも屈指のまともさ。編集としての踏み込んだ立場から展開させらるのも強み。ちょっと定かじゃないけど、最大のネックであるあの体型も被害的な産物だったような。
 対する前野は屈指の不快さ。なんだかんだ失敗はしてないみたいなんだけど、回が進んでも人間性の挽回が無いから酷い。彼のどこにどういう救いがあるのか…。どうでもいいけどあのたぬき、RPGのイベントをバグで回避するなりして、仲間の離脱処理を避けたまま進むプレイに似てるな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で