アニメ感想:人生相談テレビアニメーション「人生」 第4話「夏物」

 ラストの内容が雑魚のやる所業じゃない。あれだけの労力をかけた先が本当に覗きで終わりというのは確かに小者ではあるかも知れないが…。

 次回の対決とやらで人生相談要素の存在意義が少しは上がるかなあ。この4話までは邪魔なだけだった。だって導入と結論以外は本当に好き放題してるから、相談要素がスッポリ抜け落ちても同じように展開できるんじゃないか?ってどうしても思う。そうなると相談の流れに使用される定形のやり取りのつまらなさしか残らなくて。テキトーに見てても結局気になった。
 ここまで見た限りだと「本当はGJ部みたいな内容にしたかったが、タイトルや売り文句のための独自性が要るから申し訳程度の扱いを基本形に相談要素を入れた」って感じの内情を想像してしまうところ。本当にそうならある意味世知辛いと言えるか。相談者当人が密接に関わってくる形式なんかがスタンダードになれば、この想像も含めて色々な意味で違ってくるんだけどな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で