アニメ感想:アカメが斬る! 第4話「帝具使いを斬る」

 バトルが本格的に能力ものに。帝具の詳細も明かされたが、今回聞いた限りでの率直な感想としては何でもありだな。まず総数は48とのことだが、いくらオーパーツとはいえ人工物である以上絶対的な数字ではない。そして帝具ごとの効力も、今回の敵の内容からしてかなり大らか。最低限の括りとしていずれも目に着目した作用ではあったが、それ以外の規則性は全然感じられなかった。透視遠視読心未来視催眠と好き放題に盛りまくり。
 要するに後出しが簡単みたいな意味でのメタ的な何でもあり。良く言えば柔軟性があるのだが、そこに甘んじてあんまり不格好な展開にならないといいのだが。現状で一番重要なのは、所持者同士で戦うと絶対視人が出るってとことあたりか。

 しかし今回倒した奴の目の帝具はどうなったんだろ。壊れたのは帝具と関係なさそうな耳あてだけだったし使えそうだったが、今回のラストで触れてないんだよな。もし次でスルーだったら、実は耳あて部分も帝具だったか、装着方法が額に直接埋め込みだったとか、そういうのが実情かな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で