アニメ感想:ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話「恋人(ラバーズ)その1」

 2話構成がメインになってきたな。まあラバーズの場合はかなり向いてると思う。承太郎のマジギレポイント蓄積がベースにある話だから。今回でもうちょっとやって欲しかったってところはあるけど。
 変化といえば、Jガイルかそこらあたりから段々表現のセーブが緩んで原作そのままになってきてるな。真っ黒タバコが懐かしい。

 それとこの回はスタンドの性質掘り下げに関わる要素が2点ある。まずは小さくなれることと、今回は軽く言及されただけだが物質をすり抜けられること。…なのだが、これらはどっちもこの話以降の扱いがよくわからないんだよな。もっとハッキリ言えばどっちも無かったことになっているような。

 小さくなるのは一応負担が大きいと述べられているが、花京院もポルナレフも実行自体はあっさりやっているため、正直遠隔型なら暗殺などの戦略に簡単に組み込めそうな感じがしてしまう。でもこの先は一切出てこない。多分本格的に取り入れたら強すぎて「縮小は奇襲・暗殺の常識」みたいなつまんないパターン化に繋がるためか。
 すり抜けの方も後じゃ使われてない印象。まあこっちは厚みが云々って条件もあって簡単な印象がないから別に不自然じゃないんだけど、これの場合は展開がわかりづらくなるから積極的な活用はしなかったってところだろうな。

スポンサーリンク

ブログをフォロー