アニメ感想:シドニアの騎士 第6話「敬礼」

 物事の結末を先に持ってきて、後からメインの内容をやるというのはよくある手法だけど、本作はこれによって即死感と死に方の説得力を両立させようとしているな。ラブコメしきっていたことも勿論あるが、何より1話かけた生還を描いたばかりで完全に弛緩していたから、中々虚を突かれた感じだ。
 ただ公式あらすじは本編中の報道と異なり、戦死の件が疑問形になっている。この辺りは何かあるかもしれない。まあ死んでなくて無事だとか、楽観的な見方はしないほうがいいと思うけど。

 どうしてこんな事態になったかはほとんど検討が付かないが、最悪の場合海苔夫が悪さしてるな…。これは一番不味いパターンだ。私怨で足を引く仲間ほど対処が難しい障害はそう無いからな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で