アニメ感想:ディーふらぐ! 第12話(最終話)「このままだと友達永遠にゼロ人だよぉ」


 まさかの停学オチ。サブタイといい最終回らしくない最終回だったな。でも最終回だ。しかしこの話って一応千歳回でもあると思うんだけど、やっぱり全面的にタマちゃんに食われてるなあ。元々新キャラが濃い作品で新ヒロインだもんな。

 2期の告知みたいな超吉報は流石になかったが、9月22日の9巻にはOAD付属版が出るらしい。のんのんびよりでもやってたみたいだから、どうやらアライブ作品は今後そういう措置を期待していいようだ。

 OADのアニメ化対象箇所は例のカットを食らった水争奪編。桜と妹の出番の無さが不服だった人にはおすすめだろう。
 私的には風間家回の話の方がアニメで見たいが、水編やらなかったことで桜の妹こじらせ設定がいまいち定着しないままどんどん進んでしまってるのは不味いから致し方無い。
 でも水編って生徒会編の布石としてゲロ娘が出てるんだけど、アニメの生徒会編じゃその回収は当然されなかったんだよな。どうなるんだろ。出れずじまいだろうか。幸い脚色加えない限りはセリフもなんも無いただの背景キャラとしての登場だからそんな惜しくはなさそうだけど。

スポンサーリンク

ブログをフォロー