ゲーム感想:マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー

 クリアした。所要時間はゲーム内計測で41時間。マクラノ族、アタックピース、エキスパートチャレンジ、写真パズルはクリアまでにコンプ済みだが、これらは殆どをシナリオの進行に合わせて取りこぼしが無いようにしたのでそんなにロスは発生していない。つまり今作は結構長い。
 以下に感想を色々。多少ネタバレあり。


ゲーム性・シナリオ
 まあいつも通り。ゲーム性は変な脚色を加えること無く純粋な改良が進んでいる。
 シナリオは基本はブラック気味なギャグ調だけど盛り上げるべき所は盛り上げにくる。ラストの熱さは前作の例のやり取りの方が上だけど、今作も全体では悪く無かった。
 ちなみにクッパ周りの設定は前作のパワーアップなども含めあらかた継承されており。更に今回は最後の最後で新たな変化が。5が楽しみ。

 正直ルイージ主体のシナリオというのはかなり不安だった。悪ノリしそうな気がしてたから。でも杞憂だった。前作でクッパの株をマリオシリーズ全体で振り返って過去最高の規模で上げてきたように、今回はルイージをしっかり光らせることができていると思えた。

 しかしあの博士はなんだったんだろう。もし支配人役をブリロック、ネムルーゴ復活の提案役をユメップかユメジイにしたら、存在意義が残らないほどの空気だった。冒頭の夢オチを正夢として、本当にアックームとグルで動いてる黒幕、みたいな感じで使う構想もあったのかな?

難易度
 今作はかなり高め。攻撃が回避しにくく深手を負いやすい。そのかわり難易度が劇的に落ちるイージーモードを搭載することでバランスが取られている。
 大味といえば大味だが、過去作は無条件でヌルすぎだったからどちらかと言えば嬉しい。それに難しくなったとは言っても育成や装備調達をちゃんと進めれば十分通常難易度でやっていける、現実的な難しさに収まっている。

音響関連
 BGMは引き続き下村陽子氏の作曲。発売前から公式に「クリア後はサウンドテスト使えるよ」なんて気の早いこと言ってただけあって、今作もハイクオリティ。
 私的にはマクラノ空港、ヒルーネビーチ、夢ムユーウッド加速中、夢世界通常戦、通常ボス戦が好き。
 ただボイスの方はなんか今回は控え目みたいで、マリオたちのボイスパターンが減少傾向に思えたのはちょっと残念だったかも。戦闘前の掛け声とか好きだったし。

総評
 シリーズ初の3DS作品となったわけだが、クオリティ・ボリューム共に申し分ない一作に仕上がっている。というかボリュームはシリーズ史上最大。
 本シリーズやルイージが好きなら迷う余地なし。マリオはそんな興味ないけどRPGは好きって程度の人でも結構楽しめると思う。

スポンサーリンク