ゲーム感想:ルイージマンション2 要望メモ

ルイージマンション2ルイージマンション2

 ルイージマンション2の記事は先日の感想記事一本で手打ちにすると言ったな、あれは嘘だ。
 クラニンプレイ後アンケートに答えようとしたら改善してほしい点が山程思い当たったので再び書く。


オバチューンの強化項目をもっと増やして欲しい
 今作は色々と物足りなさすぎる。2万コイン貯めたら終わりとか、長くても精々ステージCまでしか持たないではないか。あまりにあっけなさ過ぎたから項目を増やして欲しい。具体案を挙げると以下。
・ストロボのチャージ速度をアップ
・オバキュームの吸引力を更にアップ
・ダークライトの効果範囲を広げる(最終的にストロボの最大チャージレベルまで)
・宝石、テレサ、リッチルノーマなど、特定の捜索対象に反応するセンサーを1種類ずつ搭載していく。あるいはそれらが隠れている場所をマップに表示
 ・テレサに反応するセンサーは前作だとあったので特別不満。まあテレサ集めが必須だったのが実装要因として大きかったんだろうけど。

 後は形式を根本的に変えるのもありな気がする。本作は一本道のパワーアップだったわけだが、RPGみたいに好きなパワーアップを購入して装備するタイプとかにしても面白いかもしれない。

宝石やテレサを総取り出来るようなおまけミッションが欲しい
 特定のミッションでしか取れないものが多すぎるせいで、毎回毎回かなり嫌な神経を使った。ぶっちゃけ最終ステージが早々に宝石コンプ可能な造りになってるのって、この辺の精神的なキツさをわかってたからクライマックスに集中できるよう対策したんじゃないかって思うレベル。
 前作のように当てもなく屋敷中を回れる。そんなミッションが用意されていて、それで回収可能ならばまた違っていたと思う。

宝石コンプ特典がショボい
 全部クリスタルイージとは何のつもりなのか。しかもこれ技術的にはルイージのモデルをローポリ調にして光沢とか付けただけだろう。ポーズなんかもありふれていて面白みがない。
 せめてステージによってキャラが違うくらいの変化は欲しかった。

クリア済みミッションで博士からの通信に応答するのがダルい
 スタートで飛ばすにしてもまずは立ち止まってタッチで出ないといけないのは凄く面倒。これだけで繰り返しプレイする意欲を相当削いでると思う。クリア済みに限り着信拒否とか出来るようにして欲しかった。

マリオの役回りを増やしてあげてもいいと思う
 今回同じ境遇のキノピオはそれなりに活躍するのに、マリオは相変わらず助けただけで終わりなのは微妙だと思った。
 プレイアブルにしろとまでは言わないが、最終決戦で吸い込みチャンスを作るための援護とかしてくれたら嬉しかったな。

マルチプレイ
・欠員が出たときはリザルト中に乱入募集を可能にして欲しい
 25Fのタワーを登るとほぼ確実に1人以上欠ける。以降は終わるまでそれっきりって結構あんまりな仕様だと思う。抜けが出ると難易度も士気もキツくなる。
 どうせ死んでも蘇生とかし放題な大らかな造りで、クリア時のランキングとかも飾りに等しいんだし、プレイヤー自体がどんどん入れ替わっても問題ないのでは。

・立ち回りのアドバイスを充実させて欲しい
 状態異常の解除や、クライマータワーの進め方とかは明らかに前知識が必須なのに、相当数やるなり攻略サイトを調べるなりしないと全容をまともに知ることが出来ない。
 お陰でクライマーフロアなのにゴール見つけても時間ギリギリまでハンターする人が続出したり、状態異常になっても解き方分からなくて詰んだりと無駄に大変。
 初マルチ前に全フロアと状態異常に対する立ち回りのチュートリアルをやらせるべきだった。A-4まで進めるだけじゃ解禁条件としては不十分すぎる。

・言語によって一部チャットの意味合いがズレてるのを統一して欲しい
 十字キー上の「こっちこっち」だが、海外だとボイスのまんま「Hey!」と出るらしい。これはこっち来いと言うよりは挨拶としての意味合いが強いそうで。
 つまりこっちからしたら海外勢が全然来てくれなくて困るケースがあり、海外勢から見たら挨拶を無視されたり、荒らしみたいに連呼されるケースが出てくるから相当嫌な状態だろう。
 余談だが海外だと時のオカリナのナビィがヘイヘイ言いまくるのはかなり不評だったという噂を聞いたことがある。微妙な情報源だったので本当なのかは定かではないが。
 とにかくグローバルなゲームで言葉の意味合いがズレてくるのは駄目だろう。国内版でも文面を「こんにちは!」とかにした方がまだ良かったのでは。

・ボスタワーが欲しい
 テラータワーのオバケ集めがあまりに苦行すぎるので、その辺の救済が欲しいと思った。それで思い当たる案がこれ。条件厳しめでもいいから欲しかった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする