ゲーム攻略:ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち ポイント攻略

 詰まりそうな所や、よく挙がりそうな疑問をピックアップ。中盤以降の話が中心。

動物の言葉が分かる者
 フィッシュベルから出て西にある木こりの家に行けば良い。忘れていたのならともかく、この時初めて木こりの家行った!って人は今後もっと丹念な探索を心がけるようおすすめする。回れるとこ回っておくのは基礎中の基礎。早期に行っても無意味そうだとしても、どういう場所なのか把握することに損はない。

上級職の注意点
 何度も聞いているだろうが、今回の上級職は覚えた技を他職で使えない。これは言い方を変えれば、辞めたマスター上級職はゴッドハンド(バトルマスター+パラディン)・天地雷鳴士(賢者+スーパースター)・勇者(上級職3つマスター)の踏み台でしかないということ。
 つまり、今回興味が無い上級職は完璧に無視したほうが賢明になっている。性能、外見、熟練速度、ゴドハンスパスタの前提か否かなどを考慮して、上手く選り好みするといい。
 性能面でおすすめなのは、パラディン・賢者・魔物ハンター。パラディンと賢者は回復が非常に優秀で、魔物ハンターはモンスターパークに注力するなら必須。

ボス:山賊4人組
 例外的に全滅処理が甘めに設定されているほどの強ボス。エテポンゲが人気なのは彼自身のキャラだけでなく、この戦いがDQ7の難所筆頭に上がっているせいもあると思う。
 普通に力でやり合うなら過去ダーマに舞い戻って職を鍛えたり、現代ダーマのラッキーパネルで超武装するのが妥当な所。今後のためにもなるので結構おすすめ。
 戦略については、どいつもタフなためブーメラン程度の攻撃で一掃を狙うのは現実的ではない。睡眠など行動制限系の状態異常で戦力を削ぎ、普通に動けるやつから各個撃破を狙っていくのがベスト。誰に何が効くかはちょっと覚えていないが、全滅のリスクが薄いので色々試してみるといいかも。

以降のボス戦で詰まったら
 メンバーをパラディンや賢者で固めてしまうのが手っ取り早い。さっきも言ったがこの2職は強い。前提下級職が鉄板ばかりな関係から自然かつ容易に転職可能で、どちらもザオリクベホマラーバイキルトを習得するという攻守万全っぷりを見せる。
 まあぶっちゃけると、ボス対策の瞬間パワーアップ目的なら人間上級職全体が軒並みお勧めではある。上の2職が選べないなら他の上級職で妥協しても問題ない。今作の上級職は他職への技引き継ぎがない分習得技が増加していて本当に強い。無論何になるにしても多少は熟練させる必要があるが。
 ちなみにこの関係上、力押しで倒せて「普通の強ボス」の域を出ないグラコスやヘルクラウダーは本記事では割愛している。

ボス:メディルの使い
 異常な頻度で高位呪文をぶちかましてくる。普通の育成水準でまともに応戦すると、立て直しもままならないまま次々と死ぬ。
 そんな猛攻戦術の中、わざわざマホカンタを張ってくるのは撃破のヒントだと思う。というわけで、こっちもマホカンタを張れば良い。
 マホカンタは上級職・モンスター職限定なので習得者がいないかもしれないが、海底神殿のさざなみの剣を使えば同様の効果が得られる。また呪文による回復ができなくなるが、祝福の杖による回復なら有効だったと思う。

ボス:ガマデウス
 お供2体含めて3体とも頻繁にブレスを使ってくる。その頻度は毎ターン使われると思っていいレベル。しかもリーダーのガマデウスはザオリクでお供を蘇生するという鬼っぷり。
 有効なのは羊飼いの羊数え歌。ガマデウスとたつのこナイトがこれでほぼ眠るので、素早い仲間に毎ターン歌わせながらシードラゴンズを始末してしまえば後は悠々と攻撃していける。ザオリクの存在が嫌かもしれないが、大事を取ってちゃんとシードラゴンズ→たつのこナイト→ガマデウスの順に潰した方が安全。

七色の入り江の場所
 謎の神殿に入り、一番右にある青の小部屋の旅の扉に入ると辿り着く。
 エスタードに限定されるとはいえ、下手すりゃこれが初めての到達、かつ旅の扉でしか行けないという変則的な場所のくせに、これ以上核心的なヒントが一切出てこない(仲間は学者との会話時以外スルーして灯台行きを急かすし、石版案内人ですら「エスタードのどこか」で止まる)ので結構厄介なポイントだと思う。

灯台の移動床が落ちまくる
 LR同時押しでカメラ角度をニュートラルにし、十字キーで移動すると気持ち安定する。
 また移動床から移動床に移る時は、床の辺同士が完全にくっついて長方形となった状態で走りだすといい。こちらは移動速度が十分速いのでこれで間に合う筈。

現代コスタールで石版を集めた後どうすればいいのか
 からくり兵団拠点の東にあるほこらに行けば先に進める。フォロッド編クリア後、ついでに見てそれっきりと思われる場所。
 物凄く久しぶりの場所なのに、益々ヒントがない。いきなり投げ出されるのでかなり苦労すると思われる。
 まあ敵のレベルが海底神殿だから、鋭い人は聖風の谷編直後に行けちゃってたりするのかもしれないが。

ボス:オルゴ・デミーラ(初回)
 移民の町発展や他の探索をしっかり進めていれば、メダル王の城で賢者の石が貰える頃合い。それを誰かに毎ターン使わせればかなり安定する。緊急時はベホマやベホマラーも使うこと。
 また、単体を睡眠状態にする技が中々厄介。2人以上のキャラにみねうち(戦士)、キアリク(船乗り)、目覚めの歌(吟遊詩人)などの回復技を習得させておきたい。
 勝利後は当分転職ができない状態でシナリオが進行するので、私的にダサいと感じる格好の職業や、マスター寸前の職業で挑むとやや勿体ない。特にメルビンが笑わせ師や羊飼いだと凄い残念な構図になるかもしれない。進行上の支障はそんなに無いけど。

封印のせいでモンスターパークやインターネット酒場にいけない
 施設の方が来ているので問題ない。この展開中に限り、グランエスタードの教会に石版じいさんとインターネット酒場のバーテンがいる。
 ただしすれちがい石版ダンジョンの利用や、すれちがい石版の新規作成は出来ない。それ目当てなら早めに進行しよう。

スポンサーリンク

ブログをフォロー