考察感想:ミリシタイベント プラチナスターシアター ~Shooting Stars~ (アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ)

  • 茜ちゃん登場
  •  お盆を巻き込んで行われた、ミリシタ初の競争型イベントがとうとう結果発表された。

SR クレシェンドブルー北沢志保スクリーンショット

 無事に取れたので、瑠璃色金魚のMVでスクショを軽く収集してみた。

北沢志保1
北沢志保2
北沢志保3
北沢志保4
北沢志保5
北沢志保6
北沢志保7
北沢志保8

 肩周りの露出が凄い。アクセサリーが結構付いているが、特に揺れたりはしない。まあ労力を使うべきところではないだろう。

  • 北沢志保9
  •  ラメ素材の面積が広めに使われており、照明が落ちているシーンでかなり光る。
  • 矢吹可奈
  •  流石にアナザーカラーは取れなかったが、黄色とオレンジを基調とした可奈カラーだったとのこと。
     アイマス劇場版のみをミリシタの前情報にしていたPからすると信じがたいかもしれないが、可奈と志保はカップリング対象に捉えられるレベルで仲がいい。その片鱗だろうか?

 クレブルの衣装なのに黄色とは、特別な意図があるとしか思えない色使いなので、わりと本当に可奈カラーかも知れない。
 あるいは、GREE版だと志保はビジュアル属性で、属性カラーが黄色だった。一応そっちからの可能性もなくはないか。

 実状はともかくとして、コンセプトにはデフォカラーのほうがマッチしているため、後々マスターランクがアップ可能になったとしても、☆4にするのは志保Pでもやや好みが分かれそう。そういう意味では助かる配色とも言えるか。

結果発表・報酬配布開始タイミング

結果発表時間

 イベント終了日の翌15時と判明。瀬戸際のラインでクライマックスを過ごしたPは大変な心労だったようだが、戦いが終わったら一旦安静にしたほうが良いようだ。

ランキング考察

50000位以上

  • 50000位ライン

  •  28173ポイントからが生存確定ライン。
     筆者が前記事で述べた見込みだと「茜ちゃんが育っていれば入賞はだいたい射程内で、☆4なら20000位以上を狙える」という感じだったが、☆3になる26000が安全圏にかすりもしていなかった。

 コレはちょっとマズい。初の競争イベントで、盆休みや夏休みもあったにしても過酷すぎる。メインで遊んでいたのに取り逃した人がかなりいるはず。
 1プレイが長い音ゲーはとっつきにくい雰囲気が強まると不利なので、次回からは報酬ラインを下げてくるかも?

 それにしても、同じ28172ポイントでもセーフの人とアウトな人がいるのだが、コレは一体…。
 同着を認識する処理を作り込むと処理の開発工数が確実に増えるため、便宜上省いているだけで実際は正常に同着認定を受けていると願いたい。

2万位以上

 36946が確定ライン。茜ちゃんが完全体(36000)になっても、そこで油断すると取れない結果に。
 

1万位以上

 45896が確定ライン。筆者はここに転がり込んだ。
 ここまで来るPだとポイント報酬完走(50000)を意識したケースも多かったと思うので、そういう意味では温情のある結果?
 無論、凄く労力がかかるのは変わらないが。

ポイント報酬完走

 実際に到達した筆者の談だと、貯蔵ドリンクだけではMMライブ主体に走っても数千ポイント足りず、最後のひと押しにジュエル回復が必要という感じだった。
 ただ、元気ゲージが既に90に達していたので、砕く回数は20回もなかったと思う。レベルが低かったらキツかったかも。

5000位以上

 67478が確定ライン。ここからは並々ならぬ努力が必要で、ポイント報酬という大きなモチベーションが失われた状態で走らないと入れない。
 この先は常人程度の覚悟で狙うエリアじゃないという認識をしておくのが無難なところか。

2000位以上

 151348が確定ライン。6桁ポイントの時点で完全に次元が違う。

 到達者の談を聞いた感じだと、無償分のジュエルを貯め込んでいたらそれだけで射程には収まったらしい。当然、次回同じような勝ち方は不可能なくらい使い込んだとのことだが。
 まあそれ以上に、やはり時間と体力の問題が一番キツかったようだ。プレイ数は工夫すれば相当減らせたが、やはり音ゲーの宿命は重い。

次回抜擢ユニット予想

 PSTが同じ要領でシリーズ化するとして、次に来そうなユニットはどこだろうか?
 次回報酬になりにくいアイドルを整理しての消去法も交えて少し考えてみる。

次回報酬が考えにくいアイドル

  • クレシェンドブルー
  • 765AS(先輩アイドル)
  • フェアリー属性
  • イベント報酬経験あり
  • SSRカードあり

有力そうなユニット

乙女ストーム

 未来と翼がいるユニットなので、あまり後回しにはしないはず。
 …と言いたいところだが、クレブルイベントで静香を抑え気味に扱った点を考えると、看板娘ユニットだからといって優遇されるとは言い切れないか?
 また、メンバーの4人がSSRかイベントSRを排出済みで、例外である杏奈もSRカード自体はもう出ている。そういう意味では優先されづらいかも。

ミックスナッツ

 佐竹美奈子・中谷育の2人が、記憶が確かならSRカードすらまだないはず。現状最有力か?
 ただ、次のミリコレ報酬が美奈子なんて噂を聞いたりもする。真偽は定かでないが。

灼熱少女

 大神環・田中琴葉の2人は同じくSR以上のカードがなく、最大の争点はそもそも未登場の琴葉。復帰が間近で決まっているならありそう…。
 いやでも、流石に別の形でワンクッション置くか。

よく分からない

  •  そもそも新規曲や新キャラ2名がおざなりになりうるイベントを立て続けにやるのか?という疑問からしてある。別に競争イベントの形じゃなくてもユニットエピソードは出来るし。そうなるとカードの存在状況を基準に考える意味自体がなくなってくる。

 直後に実装されたThank You!のコミュと楽曲仕様は実にいい感じだったので、一先ずはこんな風に上手く展開してくれることを願っておこう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で