ゲーム感想:きららファンタジア 初回発表情報


きららファンタジア 公式サイト

 急にえらいものが発表された。

概要

  • まんがタイムきらら作品のお祭りゲームがスマートフォンアプリで登場
  • ジャンルはファンタジーRPG
  • 参戦作品は看板タイトルや直近のアニメ化タイトルからまず選出。リリース後に作品は拡張予定
  • 2017年リリース予定
  • ゲームの様子は現時点だと一切不明。続報待ち

 需要自体は相当前の時点から高かったと思うが、ソシャゲー全盛の現代で遂に現実的になったといったところか。

異世界ファンタジーRPG

 なんとまあ突拍子もないジャンルで出してきたように見えるが、考えてみるとそうでもない。きららと言えば日常系だが、世界観が全部普通なわけではないので。
 例えばごちうさは忘れがちだが舞台設定が完全にファンタジーだし、がっこうぐらしに至っては他作品と直結するわけにはいかなすぎる。

 その辺の整合性で変な制約を出さないためには、元の作品からキャラだけ切り離すに限る。その結果が異世界召喚なのだろう。必然ジャンルも戦闘的なものが有力になるので、比較的鉄板のRPGに行き着くのは結構自然なこと。

Twitter

 公式Twitterも開設されているが、内容が中々興味深い。作品に関わっている作家や声優の関連ツイートが拾われており、未発表の要素をほのめかすものがある。

  •  例えばこれ。夢喰いメリーのキャラより優先して描くものがあるだろうか?

キルミーベイベーの行方

  • きららシルエット
  •  優秀なアタッカーと最高品質の壁キャラが揃っているのに、RPG企画でお呼びがかからないとはどういうことか、とHPだけを見ると思うが、PVの最後のシルエット群でとりわけ強調して出て来る。
     左下の3名のうち2人は明らかにやすなとソーニャであり、残る1人は恐らくあぎり。

 このシルエット群はゲーム内で使うイラストが元のようなので、実装は確定と考えていいだろう。

 あぎりについては、元々の声優がかなりアレな形で消えているのでどうなるのか…。シルエットも彼女だけいまいち掴めないためちょっと登場が確信しづらい。まあキャラそのものを抹消する理由は無いので、声を変えて普通に実装すると思う。

総評

 きららは姉妹誌が多い割に全体の連帯感がかなり高いため、共演作品を望む声は多かったけど、ようやく来たかといったところ。

 ようやく来たと思ったらソシャゲーか…というがっかり感を含んだ声もありそうだが、サービスさえ続けば延々とキャラやシナリオの展開を続けられるので、軌道にさえ乗ればこういう企画には最も強い媒体。

 まあつまり、ゲームとしてある程度ちゃんとしていれば完璧。「企画始動」と言っている割には2017年内に出すつもりだし、イラスト素材も大分揃っているようなので、取り敢えずゲーム画面が見れるのはそんなに遠くなさそう。