漫画感想:すわっぷ⇔すわっぷ 第1巻

メロンブックス特典

すわっぷ⇔すわっぷ 第1巻メロンブックス特典

 香り付きイラストカード。香源の付着箇所はもちろんお互いの口元の間。

特記事項

カラー描きおろし
 1話の前日譚(本当に前日)が描かれている。更に断片的ながらもクラス名簿が出てくるので、結構詳しく補完されている。必見。

舞台・時系列
 描きおろしページの名簿には女性名しか見受けられないことと、モブ生徒が女生徒だけなことを踏まえると女子校?
 メインキャラは全員1年。多分4月~5月から始まっており、中間以降はずっと夏。多分、長期的ながらもちゃんと時間が進むタイプ?

一之瀬春子
 黒髪地味子。学内トップクラスの秀才。Aカップ。妹がいる。
 己の貧乳が高じて胸を追い求める人物になったらしく、異常なまでに胸に執着する。グラビア雑誌を学校で読んでるのは本当に尋常じゃない気がする。
 巨乳の女の子が大好きなので、入れ替わりは大歓迎。他の娘とも出来るか試してみたい意向をかなり強く表している。でも好意度は夏子が一番。

 妹がいるが、そっちは目にちゃんと光がある。春子は何故ここまで闇が広がっているんだろう…。

二階堂夏子
 金髪ギャル子。バカ。ただし学力の低さと外見以外にギャル要素はない。男は苦手なので大丈夫。Dカップ。
 軽はずみな入れ替わりはよくないと思いつつも、活用法が多々あるため回数をさっぱり抑えられずにいる。

五月
 さつき。夏子の友人。Fカップ。
 特に突出した言動をとらない普通の子。ただ入れ替わりへのあこがれは特になく、その件で結構芯の強い発言をしている。
 メイン並みに出番があるものの、サブ枠らしく苗字不明。もしかして、西が付く…?

東条夢芽
 とうじょうゆめ。夏子の友人。Dカップ。兄がいる。
 太らない、好き嫌いない、その他諸々の悩みもないので完全無欠。でも入れ替わりにはやたら興味津々。初期ペア以外で一線を超えるとしたらほぼ間違いなく彼女。
 彼女も五月と同様にサブ枠のようだが、描きおろしの名簿で苗字が発覚。

秋穂
 おっとり病弱お嬢様。病弱ゆえ学校にはほとんど来ない人物として周知されていたが、時折冬美と入れ替わって登校していた。
 冬美に愛されているが、彼女自身は他の女の子でもOKらしい。Dカップ前後?
 入れ替わり勢の中で、この子だけ苗字がわからない。十中八九、三が付く。

四方冬美
 前髪パッツンツンツンレズ。超バカ。Bカップくらい?初めての入れ替わりは、自分から意図して秋穂とキスをしたらしい。嫉妬深い女子高生。
 秋穂以外と入れ替われるかということには彼女も興味があるが、秋穂以外とキスしたくないあまり、飼い犬で試すという暴挙に出たらしい。…不発で良かったね。

入れ替わりの根源
 夢芽は、「互いの境遇への憧れ」によって発現したと推測している。実際夏子はそういう言動を取っているし、春子の方も、カラー描き下ろしの前日譚で、夏子に強い羨望を抱く流れが補完されている。

入れ替わりの性質

  • 口同士のキスで発動する。他の方法は見つかっていない。
  • 精神と目つきが入れ替わる。「オーラ」も入れ替わるらしいが、要するに雰囲気?
  • 再度キスをしないと戻れない以外、特にリスクはない。
  • 春子・夏子以外でも全く同じことが出来るペアがいる。つまり完全固有の現象ではない。
  • 誰も試していないため、他の人間と入れ替われるかは不明。従って、どちらか片方の能力なのか、お互いの中だけで起きている奇跡なのかも不明。
  • 冬美は犬に試して不発に終わっており、人外とはダメな可能性が高い。ただし秋穂側の能力、というオチならこの限りではないと言える。

 最大の謎はペア以外との入れ替わりの可否だが、謎にしてるというよりは、まだ少し決めかねてる感じ?話の発展性を考えたら出来る可能性が高いと思うが、出来ないなら出来ないなりにやりようがあるからなあ。

入れ替わりでやったこと
 「便利」という形容が作品の随所に出ているのだが、本当に便利に使っている。

  1. 胸を揉む
     定番なんだけど、女の子同士でもこれが1番に来るか…。
  2. 料理を二人前食う
     春子が普通に完食した後、入れ替わって夏子の分も完食。空腹になってまで食いたいらしい。
  3. メイクを楽に施す
     春子はメイク経験がないので夏子がやってあげる。入れ替わればいつもと同じ感覚で。
  4. 服装チェック
     入れ替われば全方位から良し悪しが分かる。服の購入に入れ替わって乗り込むのは完全に常態化したらしい。
  5. 味覚交換
     味覚は完全に身体依存らしい。
  6. 人間関係調整
     知り合いでも、入れ替わって会えば別の関係。
  7. 替え玉
  8. 健康状態交換
     病弱な秋穂のため、冬美が体を貸して学校生活を送らせる。
  9.  冬美は冬美でサボったりテストを解かせたりやりたい放題。

  10. アレルギー対策
     春子と入れ替わることで、夏子自身の猫アレルギーを克服。

 もう1巻時点でかなりやることやりきった感が。前提が一般女子高生の日常だから、これ以上新規の用法が出てきたら凄いと思うが、果たして…。

総評
 これ、キャラット作品なんだよな。ノリが完全にミラクなんだが…。まあ完全に期待通りの作品だった。

 ただ、安泰な感じを抱かせるにはもうひと押し欲しい。入れ替わり設定と大量のキスシーンで非凡さはバッチリだが、話とかギャグとか、基本的な部分がちょっと物足りない。ストーリー部分がもっと強調されそうな気配があるので、そうなれば解決すると思う。もちろん次も買うので、発展に期待してる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で