アニメ感想:がっこうぐらし! 第12話(最終話)「そつぎょう」

 原作とほぼ同じ状況に収束して終わり。風船手紙は大胆な改変とスキップが入ったけど、学校を今出る動機が少し弱まった程度で、あんまり重要じゃないし…。

 全体の内容として、アニメ版はかなりマイルドで、キャラや日常部分が中心に映るようになっている。一方で原作は世界観的に至極普通で、ゾンビサバイバルの性質が前面に来ている。キャラデザや掲載誌がジャンル的に異色なだけという感じ。

 原作を1から10までキッチリなぞれとは言わないし、アニメもこれはこれで妥当な作り方なんだと思うけど、やっぱりゾンビものであることは最大のアイデンティティの筈。それを考えると個人的にはもっと真面目にやって欲しかった。わざわざ定型萌え作品に持って行こうとして、元の良さが死んでる感が常にした。
 まあ、このパターンの場合は、素直に原作を追えば解決するからまだ幸せな話だが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で