アニメ感想:レーカン! 第13話(最終話)「夏の、思い出です。」

 賑やかで長い1日。内容的には前回で終わりでも違和感はなかったが、中々余裕のある締め方になった。

 全体としては意外にストーリー重視で、霊というテーマ性からしんみり系な話が多かった。話重視、というのはきらら系列との違いだったりするのだろうか。
 別に異質な構成ではないけど、好みが分かれるかもな。毎回ゲスト的なキャラを出すより、もう少し主要人物の掘り下げに注力するのもありだったと思うし。まあ本当に好みの問題としか言えないところ。

 ただ、もうちょっと毛色が違う話があったらより良かった。なんというか、霊の話=しんみりみたいな形式に囚われてるんだよねこれ。
 原則として、悪霊だとかマイナスな方向性で霊を使うのはNG(糞猫が変態言動取るのが限度)だったようで、それは終盤ほど色濃く、魅力的になっていったハートフルな雰囲気を考えると賢明だと思う。でも、そういう制限を踏まえてももう少しやりようはあったはず。かつてコギャルちゃんが響に取り憑いたりしてたけど、ああいう特殊なトラブルで1話作ったりして欲しかったな。

スポンサーリンク

ブログをフォロー