アニメ感想:幸腹グラフィティ 第12話(最終話)「しみしみ、むぎゅっ。」


 中学卒業で終了。高校進学からの話を見てみたかったから、結局受験時代しか描かれなかったのはちょっと残念。いよいよきりんと正式に同棲をおっ始めたというのに、中々酷な切り上げ方だ。

 結局食事シーンの変態描写に慣れることはなかったが、食事関連を丸々除外した場合、他のネタだけで空気が持つ構成にはなってないことに思い至ったら何か悟った気にはなった。
 あと、最近のきらら系列の例に漏れず、関連楽曲の出来は良かった。特に次回予告で使われてる曲の全貌は昔の歌謡曲みたいな曲調で、しかもリョウときりんがそれぞれ別音域で歌う構成だったのは色々感心した。まあここまで含めて総合的に見れば満足な作品だったと言えるかも。

スポンサーリンク

ブログをフォロー