アニメ感想:桜Trick 第5話「お姉ちゃんとお茶しよう!/魔女とリンゴとお姉ちゃんと」


 優の変化が顕著になってきたな。当初の春香と優の関係は、嫉妬深い春香に対して優が譲歩することで生まれたものだったわけだが、段々優の方も春香に依存性を向けるようになってくる。
 一方で春香の方は関係が築けたことにある程度満足しているため、逆に初期より安定していってるんだよね。そんなこんなでこの回ではいよいよ逆転現象すら見え始め、どっちが嫉妬深い女だって感じになっていた。こういう追い上げはキャラもの的に面白いと思う。大分印象が変わる。

 しかし原作既読者が美里西を女子校と勘違いしたのって、ひょっとするとこの朗読劇が致命傷だったのかもな。王子様すら無条件で女子ってよく考えたらなんか凄いぞ。一応文化祭本番では、背景とはいえ男2人だけがコマの真ん中でデカデカと漫才してる絵面が出てくるんだけど、あれも主要キャラの台詞部分だけ見て飛ばす可能性が高いだろうしな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で