アニメ感想:アイドルマスター シンデレラガールズ 第25話(最終話)「Cinderella Girls at the Ball.」

 完結。本作は前半クールで新人アイドルの走り出しを描き、後半クールで波乱を描くという構成。お陰でまとめとなる最終話がいい感じになるというメリットはあった。

 が、後半に暗い話が集中し、更に作画面の息切れが目立つというデメリットが同時にあり、本作はそっちの方が目立ちに目立った印象だった。
 特に話はどうなんだろう?ディープなファンじゃないから勝手な想像になるけど、プリパラみたいにコメディ主体のシナリオとライブをメインにした方が喜ばれそうな気がするのだが。本作の作画事情に恒常的なライブシーンを求めるのは酷だけど。

 でもまあ、キャラは流石の可愛さだったと思う。765プロ以外のキャラをまともに知るのはこのアニメが初めてだったが、メインで出ているキャラには十分に愛着が湧いた。ラストに2期生が出てきて、やり切り感と緩やかな世代交代が描かれたのが名残惜しいほど。