アニメ感想:ヘヴィーオブジェクト 第2話「ガリバーを縛る雑兵たち アラスカ極寒環境雪上戦 II」

 速攻で自軍のオブジェクトが破壊された。いきなり完全に人力で戦うらしい。ただ敵側が随分野蛮に描かれているから、敵側をマヌケにする可能性が結構あるな。こっちも兵としての練度がさっぱりだから、突破口としては正直かなりありそう。それやるくらいなら汎用オブジェクト込みで現実的に戦って欲しいところだが、やらずにオチをつけたら少し凄い。

 そう思いたいのだが、自爆云々の設定が既におかしな話だったなあ。だって、こっちのオブジェクトって時代遅れの型って話じゃなかったっけ?そんなものに機密保持のための自爆機能(勝手に作動して足を引っ張る)を丁寧につけといて何になるんだ…。パイロットの脱出は許されてるから、あくまで技術流出に限定された対策みたいだし。分からん。