アニメ感想:空戦魔導士候補生の教官 第12話(最終話)「空戦魔導士候補生の教官」

 微妙過ぎるラスボス。ビジュアルやアクションのダサさは無視するとしても、魔甲蟲が関与している点が限界ギリギリまで蔑ろで、変態ストーカーとしての側面だけを徹底したのは個人的にまずいと思う。本来は魔甲蟲が未知のかたちで猛威を振るったという深刻な話なのに、ただの内輪のゴタゴタ感ばかり残る。後味を良くするために敢えてそうした可能性も高そうだが、ストーリーものの最終エピソードとしてはちょっとどうだろう…。
 勿論ラストに限らず、全体も同じように微妙だった。周囲を見返すための訓練を、1クールひたすらじっくりやるという構成だったが…タイトル通りとはいえ、流石にシナリオが希薄としか言い様がない。

 また、制作陣が「聖剣使いの禁呪詠唱」とほぼ同構成だったが、あちらに全く及ばない狂気度だったのも残念。
 奥の手として、こっち方面に突き抜けていたらある意味救いはあったのだが、実は聖剣は話やキャラがちゃんと終始動いている作品なので、根本的な差がかなりある。キャラを動かすきっかけの数が圧倒的に違う。その前提でハジけた展開を期待するのは無茶な話だったのかもしれない。

 要は、せめて内容さえあればなー、と言いたいだけの話。原作ストック自体はかなり余ったらしいから、それも使って頑張れば大分良かったのでは?ヒロインたちは凄い可愛くて好みだったから、ちょっと惜しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で