アニメ感想:Charlotte(シャーロット) 第2話「絶望の旋律」

 能力者を学校で匿う意味について。奈緒の兄が実験台にされて廃人になった過去があり、それはきっと繰り返されるからだという。背後には何か絶大な援助者がいるようだが、流石にそれはまだ全くわからないな。少なくとも、今や肉親より信頼が置ける誰かか…。

 しかし能力がバンドに活かされていたということは、仮にバンドを続けていたとしても、能力が消えたら落ちぶれてた可能性があるわけか。無論廃人よりはマシなのだが、中々哀しい話だ。
 まあ彼のおかげで、血縁者は能力が発現しやすいことと、やはり当人がある程度望んでいたような能力が出来る傾向があると分かる。…念写マンはあくまで金目当てでああなったのだろうか?自分で言ったばかりでアレなんだけど、金が欲しい故にああなったとなるとそこそこに変態度高いよなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で