漫画感想:鉄民 第11話「タバコの記憶」

鉄民| WEBコミックアクション

 許された。例外である実絽を除き、後は常に不気味で危険な怪物的存在として描かれてきた鉄民に変化の兆しが見えてきた。つまり、鉄民をどうにかすることが一概に幸せと言える状況ではなくなったわけで、着地点が判らなくなってきたと言える。勿論、人が死んでる話だから、危険性のほうがまだまだ先行しているが…。

 許されなかった方の先生はどうなったんだろう。気絶してるんだか死んでるんだか判別が付かない。死んだ場合は奴の鉄民が出てくるわけから、寧ろちょっと嫌な感じだな。結局のところ下心より純粋に知的好奇心で動いてた様子で、技術力もそれなりに見せつけていたのは感心したけど。