アニメ感想:暗殺教室 第6話「テストの時間」

 理事長の思想。少数の犠牲で多数を優秀にしようという発想の極地。合理的ではあるが学力に限られた話で、倫理観を育てる気などはない。

 それでも今までの仕打ちは嫌がらせ程度に留まっていたが、今回は決定的に問題がある。試験範囲を密かに変更し、伝達不備の責任をまともに取らないとかとてつもなくまずい。しかしそれでも大々的な問題にはならないようで、E組生の保護者すら騒ぐ気配がない。自分の子供がここまで当て馬にされているんだから、転校を検討する余地すらありそうだが…。滅茶苦茶な根回しが施されていないとちょっとありえない環境なので、やはり理事長は思想以外も只者じゃないようだ。

スポンサーリンク

ブログをフォロー