アニメ感想:暗殺教室 第3話「カルマの時間」

 先週は時事的な都合で放送自粛してたらしい。まあしょうがないんじゃないかな。自分個人の見解で言えば全然関係ないと思うけど、関係あると思う人が存在しないことにはならないわけで、スポンサーは当然そういう目で見られるのが嫌だから。

 そんな今回の内容はカルマくん。ここまでの中で殺せんせーが唯一見せていた弱み、虚を突かれることに対応できない点に開幕で踏み込んで成果を出した男。でもこれを触手ふっ飛ばしてビビらせるだけで、それ以上を考えてなかったのは致命的だな。日常が続く限りこのレベルのチャンスは今後無いだろう。その後の攻撃は全部精細を欠いているし、素質はともかく現状の実力が凄いとも言えなさそう。何とかするには結局周囲も含めて発展しないと駄目だろうな。

スポンサーリンク

ブログをフォロー