アニメ感想:牙狼<GARO>-炎の刻印- 第15話「職人 -PROJECT G-」

 英語表記側のサブタイでギャグに走るのは卑怯。しかも庶民の志と勇敢さを描いた普通に良い話っていう。こんな素敵な民を抱えているアルフォンソはさぞ鼻が高いだろう。
 鎧を動かすために作っていたエンジン的な機構は、会話内容的にこの世界だと史上初の発明っぽかったな。それで実用どころか実戦にある程度通用したんだから、恐るべき情熱と技術力だ。極めつけにロケットパンチまで搭載しちゃって…効かなかったのがこっちも驚きなくらい、しっかり必殺の威力が伺える代物だったし。
 一方でレオン側の話は前回あたりからゆったり進行だな。次回も単体エピソードっぽい感じの雰囲気で動く気配を感じない。大筋の進展はもう暫くの辛抱か。

スポンサーリンク

ブログをフォロー