アニメ感想:聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 第1話「転生せし者」

TVアニメ「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」

 前世に依存した力で戦うような世界観の話らしい。前世のことを覚えているのがおおよそ当たり前な中、主人公だけそれがイマイチ希薄。要するにそこから色々なヒロインと前世の縁がゴテゴテついていくわけなのだろう。

 しかし演出が色々な意味で凄いな。まず前世の主人公らしき騎士が、軍勢に斬り込んでワーッと血しぶきが上がってるシーンのシュールさは傑作。しかし作画精度が低いのかと言ったらそうでもなく、寧ろ現時点だと全体的にかなり良かったりする。顔は根本のデザインに癖があるだけで崩れてないみたいだし、バトルシーンも安定感がある。極めつけに地味なおっさん先生のコスチュームチェンジシーンを超滑らかに描いて笑いを取る余裕すらある。

 内容自体はありふれてるし、主人公は覚醒直前まで手を踏まれてたはずなのに余裕で距離取ってたりと普通のツッコミどころもあったが、何だか得体が知れない走り出しだ。話の内容に関係なくえらいものが勝手に飛び出しそうな気が…。まあ女の子は可愛いしテンポも良いと思う。
 あと最後に流れてたアリプロチックな主題歌がちょっと気になるな。調べた感じ実際に絡んでるようだ。