アニメ感想:精霊使いの剣舞 第12話(最終話)「レン・アッシュベル」

 暴走や乱入で破綻する試合はテンプレの華。何故なら衆人環視や総力戦の環境が無条件で揃うから。ただし毎回毎回やってると前提の行為である試合の開催がギャグに思えてくるのが玉に瑕。

 良くも悪くも最後まで基本を踏襲し、全く冒険しない無難な作品だった。このレベルだと最早日常系の亜種に相当するのかも知れない。
 当然のデメリットとして目新しさは皆無だったが、まあ今の世は出るもの出尽くした感が満ちて来てるし、下手に奇をてらって転ぶよりはよっぽど良いのかも。どの作品も片っ端からこんなんだったら流石に困るが、そうじゃない限りは。

スポンサーリンク

ブログをフォロー