アニメ感想:六畳間の侵略者!? 第2話「さらなる侵略!?」

 魔法少女の娘が凄いな。言動と扱いにあの声が相まって何もかもグダグダに見える。実際そういうコンセプトのキャラっぽいし、完成度は相当高いと思う。無論最後は好みの問題だが。

 やることはゲームで畳ポイントの取り合いか。陣取りがモチーフになっているけど、結果的なルールは全然陣取りじゃなくて単にポイントの削り合い。追い出されない限りは部屋のどこを使っててもいい様子。まあ実際に陣地制を取るとヤバいくらい不穏になるからな…。

 しかしポイントを失うと追い出しっていうのがキツい気がする。だって今の所は、それが現実に起こるとは思えないから。寧ろ、勝負ごとの決着はちゃんと付けるが、最終的な決着は好きなだけ先延ばしにするための措置だよなこれ。
 彼女らは「飽きた!」とか言ってるけど、こっちからしたらそもそも適度に勝ち負けしていく茶番にしか見えなかったわけで、飽きる以前の問題がある。サービスシーンとかが入る種目になれば別の見どころはあるだろうが、対決展開としての本質は変わらないだろう。

 まあ萌えエロ主体だろうからこれでもいいんだろうけど、どうせまともにルールがあるならもっと活かして欲しいし、色々大層な目的持った輩も混じっている以上話にちゃんとした動きが欲しい。
 実は追い出し展開や中立地帯の将来的な扱いが考えられているとか、そもそももっと他に重大な展開が起こるとか、ちゃんと本筋に関わる起伏が複数用意されていればいいのだが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で