アニメ感想:東京ESP 第2話「ガールミーツボーイ」

 時間を前後させるの好きなんだな。まあそれはいいけど、どうやら2話時点の時系列だと、超能力者達は社会に表立って現れていないらしい。ここから彼女らがヒーローとして知名度や実力を高める過程と、1話のテロ勃発の経緯が明かされるのだろう。
 キャラの能力は、主人公の女の子は物質透過で、側にいる野郎くんはテレポート、親父は引力…だと思ったが正確には念動力だとか。
 今の所主力2人の能力には直接的な攻撃力がないから、戦闘は地味め…というか普通のキックに名前つけてて恥ずかしい人だったな。この辺の進歩は果たしてあるのか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で