アニメ感想:さばげぶっ! 第2話「ツインテールのワナ」「精神トレーニング」「沈黙のKILL or DIE」

 冒頭、ナレーション、次回予告辺りから滲み出ている「真面目にサバゲーはしません」という言い訳がましさがネックだな。
 真面目にサバゲをしないこと自体は問題なく、寧ろこの作品はサバゲーから脱線した先に強みがある。が、所々の保身的な物言いが水を注している印象。何も知らない状態での1話は兎も角ここからは余計。どーせ蔑ろにするんなら四の五の言わずにもっと胸を張った方がいいのでは。3話にもなれば周知的な意味で言う必要も薄れるだろうし、どんどん頻度を落としてくれるといいのだが。
 話自体は1話から一気に安定してかなり見やすくなっているし、ギャグも勢いがあって面白い。あとキャラの扱いの方向性が少女漫画誌作品とはヤバいくらい思えない。調教部の間違いではないのか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で