アニメ感想:信長協奏曲 第1話「サブロー信長」

信長協奏曲 – フジテレビ

 タイムスリップした高校生が信長の影武者やらされるアニメ。なんかここ数クールずっとどこかしらに信長いないか…。しかもこの影武者信長ってノブナガ・ザ・フールのノブナガと声共通っぽいし。

 ただし本作の場合、今の所脚色は少なめ。話の改変は未来人である主人公が干渉する最低限の範囲だけで、後は信長にまつわるエピソードを主人公なりに真面目に追っていくという姿勢が見られる。キャラデザも視聴に耐える程度の美化に留められており、絵的な魅力はない。

 しかし、本物の信長が影武者押し付けて何してるのかが不明なことと、ラストで主人公は信長が天下とってない(このまま信長してたら死ぬ)ことに気づいているため、徐々に様相は変わって行くと思われる。
 このあたりからどこまで盛り上げられるかが生命線だな。平坦に展開した場合、面白いかは別だが絶対パッとしないだろう。キャラデザが魅力無くて題材も今や陳腐極まる以上、そのハードルは極めて高い。今の所は歴史教材から僅かに脱線しただけって印象なので、もうひと押し欲しい所。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で