アニメ感想:ノーゲーム・ノーライフ 第8話「起死回生《フェイクエンド》」

 また変なことしてる。ただ、駆け引きもテンションも置いてけぼり感が極まってきたので、ぶん投げリセットじみた展開は驚きというよりは
有難さが勝ってしまう。本作にもう少し愛着があったら別だったが。
 まあ有難いで締めるのは流石にアレなので、少しはこうなった経緯を考えてみよう。

 取り敢えずソラが消えたのは、「この世界の攻略法」とやらとは関係が無さそうだな。シロも既に知っていた様子だったから、計画通りならこの反応は無いだろう。
 あとラストで彼らに挑んできた存在が誰か不明で、当然その顛末も分からないわけで、しいて言えばそこが怪しいくらいか。でもシロがソラの存在を認識できているので、ゲームの代償でソラが神隠しみたいな可能性は考えにくい。一応代償でこの状況を作るのは可能だろうが、賭け内容が変に複雑になるわけで経緯がどんどん不明になる。
 それと「フェイクエンド」は勿論このオチのことだろうけど、偽の話が終わったのか、偽の終わりが来たのか、ニュアンスが分かれるから大まかな落とし所も分からない。
 まあ結局分からんな。これ以上は答えが出るまで放っておこう。

スポンサーリンク

ブログをフォロー