アニメ感想:マジンボーン 第7話「ボーン研究所」

 敵の正体が地球外生命体なのは隕石や諸々のやり取りから分かっていたが、人類と同じタイプだったか。完全にやられて初めて人の姿を晒したということは、謎生命体が頑張って地球人に化けてるとかでなく、本当にあれが正体なのだろう。
 この事実とヒロインの言動を鑑みると、最終的にはお互いに歩み寄る可能性も少なくなさそうだ。そうなれる余地が一気に出来たと思う。勿論まだ侵攻理由も相手の人間性もハッキリしないからなんとも言えないが。
 で、公式でダークボーンとか書かれているバンダナ野郎達はどうやらそういう立場なのか。裏切って暴れてる適合者か何かだと思っていたが、思っていたより決定的に敵なんだな。バンダナの方はバンド適正が非常に高そうな面してるからそういう意味ではちょっと残念だ。いやいいけど。

 次回はひょっとしたら現実空間でのアクションシーンが多分にありそうでちょっと楽しみ。登場回の次で攻めこまれてる秘密の研究所ってどうなんだって思うけど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク