アニメ感想:2014年冬アニメ

 アニメのシーズン移行に合わせた統括的雑感群。メモに近い。

本編雑感

 記述対象は今期の放送分を本日時点まで全話見たアニメ。前期からの続き物や、投稿時点で最終話を迎えていない作品も対象に含む。
 ただし、非深夜アニメ、特番などの単発アニメ、再放送アニメ、一足先に始まった来期アニメなどはかなりの割合で割愛。

 端的に記述するため刺々しい内容だが、その作品が嫌いなわけではない。そういうのはそもそも記述対象の条件を満たさない。なので重く受け止めないで頂きたい。
 記述の順番は英数字と五十音順。

Wake Up,Girls!
 もっさりした絵面と、口以外動かなくて違和感を覚えるアニメーションが散見された点がネック。実際のところ作画事情は飛び抜けて困窮していたらしい。
 話自体はある程度リアル寄りのテイストが意識されており、独自の面白みは結構感じた。でもメンバーがいまいち記憶に残りきらないまま終わってしまった。よく食う娘と戦力外されかけた娘が限界。

Z/X IGNITION
 サブタイの付け方が特殊だったのが印象的。話は普通のハーレム寄りのバトル物だった。

いなり、こんこん、恋いろは。
 結局のところ、彼女に神通力は不釣り合いだったな。そもそも衝動的に願ってしまった変身を取り消すために貰った力なのに、反省の色が薄そうな用法が多かった。その辺を取っ掛かりにした終盤のシリアスはちょっと腑に落ちない。
 まあ作中でも過ぎた力みたいな言及がモロにあるし、不条理さは意図的に強調されたものだと思うけど。

うーさーのその日暮らし 覚醒編
 最終話で唐突にシリアスして、死んだとも生きてるとも取れる含みのある終わり方をした。でも彼ってしょっちゅう死んでなかったっけ?

宇宙兄弟
 結構長いことやってたように思うが、とうとう終わった。99話だからおおよそ2年観てたわけか。
 けど主要な要素は何もかも投げっぱだな。劇場版やるそうだけど、アニメ版の決着はそっち任せなのかな?でもなんかCMでは原点とか言ってた気がするなあれ。まあ結末の想像より過程を見るのが面白い作品だったから未回収でも別に構わないけど。

ガンダムビルドファイターズ
 所謂お祭り作品。ガンダムに対する興味度は大してないけど、設定は良く出来ていて面白かった。後になるほど展開や戦略が大味だった気はするけど。

キルラキル
 勢力の移り変わり方とか、根幹の骨組みはグレンラガンを踏襲していた印象があった。だからまあ想像できた展開とか割とあったりしたけど、見どころの勢いは終始維持されていたからしっかりおもしろかった。

ゴールデンタイム
 やっぱり主人公の設定が痛い。私的にはもっとノーマルなラブコメで観たかった。特色を入れることそのものは悪いことじゃないけど、入れるならついて行けるものが良い。

咲-Saki- 全国編
 視点が全陣営をめぐる勢いで片っ端から移るせいか、どこに入れ込めばいいのか分からなくなってシナリオにのめり込めない。
 タイトルの咲がいる清澄に決まってるだろ、って言えたらいいんだけど、阿知賀編がその理屈を覆していたわけで。

桜Trick
 1クールぶりのきらら枠。レズジャンルは元から平気なので大変良かった。妥協のない演出は素晴らしい。
 と言っても正直やってることはパターンが少なく、百合からレズへの踏み込みというニッチさで持たせている感は否めないが。原作はここから恋愛模様も強調されてきて期待感が大きくなってきている。でも同時に番外編が増えて巻ごとの進みが遅くなってるのが玉に瑕。

サムライフラメンコ
 よくこんなぶっ飛んだ脚本で2クールもやってられたなあと思う。結構な精神力が要るはずだ。良くも悪くも一風変わった作品だった。

ストレンジ・プラス
 眼前に展開される光景がなんなのか、最後までよく分からなかった。
 作品への興味は全く湧かなかったけど、たまに勢いに負けて笑ったりしたのでまあ良かったんだと思う。

聖闘士星矢Ω
 シリーズで初めて見た。バトルは聞いていた通り大味なパターンで進んでいくが、迫力が伴っていれば見れるものだな。
 しかし結局アリアは死んだっきりでそれが結構残念。エンドカードの様相を見るに、光牙の相手は順当にユナということで落ち着いたようだ。まあそれも良いか。

世界征服~謀略のズヴィズダー~
 黒星紅白絵が好きな人ならすげー満足なビジュアルだと思う。
 ラストが1話冒頭の光景に全然繋がっていなかったり、半ばギャグ的に次の敵を出したりしていたのが少々気になるが、実際のところ続編構想はあるのだろうか。

ディーふらぐ!
 モブ教員モブ生徒モブ部外者…本来作品的にはどうでもいいはずのキャラが一々本筋の話に立ち会ってくる。これによって発せられる独特のシュールさが凄く面白かった。学校という舞台の特色をよく活かしている作品と言えるかも。
 ギャグの勢いを求める場合は原作というか紙媒体のほうが上だが。

てさぐれ!部活もの あんこーる
 1期の反響とかが反映されているのかは知らないけど、やり取りに偏りが目立っていた気がする。もっと手探って欲しかったな。

となりの関くん
 横井さんの反応がオーバー過ぎてよくない。語り手的な位置づけなのに言ってることに共感できないし、関くんのシュールな芸風と相性が悪い。熱心に解説するせいでシュールさが失われて滑るギャグになる。
 なんか前も言った気がするけど、お互い口数抑えてサイレントコメディを目指してくれたほうが嬉しかったかも。

トリコ
 これも今期で終わった。ジャンプ系アニメは、原作だと当時のラスボス格の相手に一度敗北するという展開を、改変で勝利パターンにして気分のいい最終回に仕向けることが多い。知ってる範囲だとキン肉マンII世とNEEDLESSがそういう終わり方だったが、トリコもそうなったようだ。

 終わった理由は一見すると原作追い付きだが、この改変ENDで原作と状況に結構な齟齬が出たことや、劇場版等の展開が振るわなかったという話を踏まえると、打ち切りの印象が強い。
 でもバッサリ完結させたかと言ったらそうではなく、続編の可能性を十分に抱かせる締めくくりだった。DB改2期が終わって、何も目立った弾が無いようだったら戻ってくるのかな?この手のはフェードアウト路線も定番だけど。

ニセコイ
 テンプレラブコメ。でも主軸に据えているカギの謎の興味度の引き立て方は中々よく出来ていると思う。引っ張りまくりではあるが。
 どうやら2クール目に入るようだが、こんだけ引っ張るからには濁さず決着して欲しいな。

ノブナガ・ザ・フール
 ぱっと見女性向けかと思ったらそうでもなかった。ヒロイン可愛い。出番はあるような無いような微妙な塩梅だが。
 というかそれ以前に本筋の進行にひたすら徹していた。

ノラガミ
 地味な印象だったが、設定は中々面白かった。中盤のギスギス感の片付け方も上手かったと思う。引きずらないのは大事。

ハマトラ
 初めは既視感がありありだったが、死者が出るレベルのシリアスとギャグを切れよく切り替えまくるのは独特だった。扱うテーマはいまいち万人向けではなく微妙に感じるものが多かったが、まあ退屈な内容ではなかったかも。不満を上げるとすれば女性陣の出番が少なすぎるところだな。

 漫画にゲームとメディア展開しまくる方針なのは聞いていたが、アニメの続編すら確定していたとは。十分収集付ける余地が伺えた1期ラストをわざわざ衝撃オチでかき乱したあたり、相当強気な企画であることが伺える。

プピポー!
 原作を粛々となぞっていく内容。ショートアニメ枠なのも含め、本作のアニメ化としてはこれ以上なく無難な出来だったと思う。
 何故数ある押切作品の中から完結済みの作品でもある本作が先陣きってアニメになったのかは謎だけども。

マケン姫っ!通
 間が開いた2期ものだったためか、ストーリー性排除で全て1話完結だった。面白さはその回のメインキャラが好みかどうかによった。

魔法戦争
 ほぼ毎回どこかしらラリったところがあり、それが致命傷であり長所であると言えるアニメ。気楽に受け止めればシュールな面白さが得られる。
 最終話の意味のわからなさは担当の脚本家が本放映を見て動揺する内容だったらしい。相当変更が入ったのだと思われる。まあ続編予定ないそうなのにあんな締めで終わる脚本を納品したわけないよな…。

未確認で進行形
 シナリオはいまいち。大筋は小紅と白夜の完全固定カップルが親密になる話一本だし、人外設定はその前提を固めるための添え物。
 でもキャラクターの個別の出来は非常に良かった。…その分シナリオの一本道っぷりが悔やまれるんだけどね。唯一対抗馬的な言動を取ったこのはとか滑稽なだけだったし。
 しかし紅緒は不思議なキャラだった。ネタキャラとして楽しめるか、度を越えた不快なキャラかという境界線スレスレで上手く立ちまわっていた。不快というのは執着ぶりが時たまウザい域に達していたことなんだけど、そういう時でも周囲が無条件でバッサリ切り捨ててくれていたお陰だろうな。

面白かったアニメ(面白かった順)
 ディーふらぐ! 桜Trick ノラガミ キルラキル Wake Up,Girls! サムライフラメンコ 魔法戦争

 前2つは原作購読に至った。過去に2つ以上手を出したシーズンってちょっと記憶に無い。私にとっては今期は豊作だったと言っていいだろう。
 サムライフラメンコはムラが物凄かったとは思うが、全体的には結構笑って観ていたと思う。
 魔法戦争から感じた面白さは作品本来が意図するそれではない気がしたが、面白さは面白さだと思う。個人的な頂点はヒロインがプリンに突っ込んでいく夢。

楽曲雑感

 今期アニメの楽曲で良かったもの。列挙の順番は良かった順。

オープニング曲が良かったアニメ
 桜Trick「Won(*3*)Chu KissMe!」 にゃ~めん(犬猫アワー)「ニャーメン・パラダイス」 魔法戦争「閃光のPRISONER」

エンディング曲が良かったアニメ
 ゴールデンタイム「半永久的に愛してよ♥」 未確認で進行形「まっしろワールド」 桜Trick「Kiss(and)Love」

スポンサーリンク

ブログをフォロー