アニメ感想:ガッチャマン クラウズ 第1話「Avant-garde」


 意外と軽いノリで雰囲気は悪く無いかな。主人公がびっくりおバカだけど、不快さはそれ程無いからまだ問題無いと思う。
 ただ肝心の変身姿と戦闘に好感がないな。いやまあガッチャマンの名を冠しているのはどうせ企画宣伝の足がかりで実態はタイバニ要素を引き継いだオリジナルアニメにしたいのはお察しだし、ガッチャマンにこれと言って思い入れも無いけど、そういう話じゃなくてやたらゴテゴテしてるのが単純に好みではない。敵デザインも摩訶不思議すぎて微妙。
 ただこれ、本質的にはロボットものっぽいんだよね。生身の人間がスーツ着てあの姿になってるとした場合は有り得ない動きがある(男が左手刀にして外してる)し、変身前のキャラが要所でパイロットよろしくカットインで出てくるし。そういうもんだと割りきって見ていけば慣れるかな。敵キャラには今のところ目を瞑るしかなさそうだが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク